隠しカメラは証拠撮影や防犯に最適!購入方法やよくある疑問を解消

むき出しのレンズ

隠しカメラを買う人が気にする問題点

レンズ

カモフラージュカメラとも呼ばれる小型の隠しカメラは、人によっては悪いイメージがあったり、違法ではないのと思われる方もいたりします。ですが、お店が小型カメラの製造及び販売したり、個人が購入して所持する事自体については基本的に違法性は無いと言えます。
違法になるケースは盗撮目的で利用したり、プライバシーを侵害する撮影をしたり、公衆に迷惑がかかる方法で撮影するケースです。特に撮影目的ややり方が問題になってきます。ですから、違法な目的で撮影をしなければ、安心して隠しカメラを購入して使うことが出来るのです。
例えば、使用目的としては防犯用として使ったり、旅行先で使ったりする方法があります。賃貸物件で防犯カメラを設置する時は、物件を所有しているオーナーに許可が必要だったりしますが、自分が住んでいる部屋に、防犯目的でただ置くタイプの隠しカメラを設置するだけなら法的に問題になることはまず無いです(退去する時には撤去しましょう)。
また、初めて買う時には、隠しカメラ専門店でカモフラージュカメラについて相談しましょう。専門店は目的に合わせた最適なカメラの紹介をしてくれます。説明を受けて納得する商品が見つかったら、隠しカメラ専門店で購入すればよいわけです。防犯目的の他、証拠撮影で隠しカメラやカモフラージュカメラは使えるので、一つあれば色々なシーンで撮影が出来ます。

証拠撮影や防犯で使える隠しカメラ

現在は世知辛い世の中で争いも絶えません。そんな争いを解決する有効な手段として、隠しカメラを使って証拠を撮影する方法があります。夫婦の浮気も、小型の隠しカメラやカモフラージュカメラで撮影した映像が有力な証拠となり、裁判で勝ちやすくなったりします。また、街の中でボッタクリの被害にあったとしても、隠しカメラで証拠を抑えておけば、そこから捜査が進みやすくなることもあります。
盗撮用に使うのはダメですが、正当な理由がある使い方なら隠しカメラやカモフラージュカメラは使っても大丈夫なものですので、防犯に使ったり証拠撮影の目的で使ってみてはいかがでしょうか。
隠しカメラ専門店で購入することが出来ますし、実店舗に行けばおすすめのカメラの紹介や、使い方のアドバイスなども受けられたりします。お店によっては隠しカメラを防犯用に設置してくれる所もあるので、防犯カメラとして使いたい方は専門店で依頼をするのも良い方法です。
ちなみに、そのような専門店は法令遵守で設置を行ってくれますので、設置できない場所は業者側が大抵教えてくれます。昔から下着泥棒や空き巣といった犯罪がありますが、カモフラージュカメラを使えば犯人の特定に至る情報や証拠を残せたりします。

邪魔にならないボールペン型の隠しカメラ

ボールペン型の隠しカメラは、とても小さくポケットや小物バッグに入れて簡単に持ち運べるのでちょっとした外出時でも使えるオススメの商品です。
また、通常のカメラと比べて非常に軽いので邪魔にならない点も優れています。 形がポールペンなので使用時に怪しまれることなく利用できるのも良い点です。
小型の隠しカメラは、カモフラージュカメラとも言われていてその名のとおり相手に気づかれずに撮影することが可能です。
動物や赤ちゃんは通常のカメラで撮ろうとするとカメラに気になって不自然になってしまいがちですが、カモフラージュカメラを使えばバレずに撮影しやすくなるので自然体の表情を撮れます。
その外にも通常の文房具の見た目なので会社の事務所や自宅の部屋の防犯カメラとして使うこともできます。 ボールペンを防犯カメラだとおもう人は、なかなかいないので防犯グッズとしても優秀です。 小型の隠しカメラなので性能面を心配される方もいるとおもいますが、動画も写真も普通に撮影することができます。 オートセンサー機能を搭載している機種の場合は、動きがあった時だけ自動で録画するといった節約的な使い方にも使えます。
ボールペン型のカモフラージュカメラは、インターネット上の隠しカメラ専門店で購入することが可能です。

Article List